ケアハウスの看護師は休日は?

ケアハウスの看護師転職TOP >> FAQ >> ケアハウスの看護師は休日は?

ケアハウスの看護師は休日は?

介護・福祉関連の施設で働く看護師はどのような休日環境にあるのか?就職・転職を検討している方にとっては大きな問題でしょう。医療機関の病棟勤務に比べると落ち着いた環境、ゆとりのあるシフトで働くことができる点が注目を集めている介護・福祉関連施設ですが、休日を巡る環境については詳しい情報が簡単に得られるとはいえない状況にあります。

情報収集の難しさは施設の種類やスタッフの人数といった環境によって状況がかなり異なってくるのが大きな理由です。この点はケアハウスでも同様のことが言えます。まず重要なのがケアハウスには一般型と介護型の2種類があることです。一般型は基本的には自立した生活に不安を抱えている方がサポートを受けながら暮らすことができる環境・サービスが用意されているのに対し、介護型は軽度の要支援、要介護状態の方が生活を送れるための環境・サービスが用意されています。当然どちらのタイプで働くかで看護師はもちろん、スタッフの業務内容も就業環境も大きく異なってくることになります。やはり介護型の方が求められるサービスと作業の量が多くなる分、人手が必要になります。それが休日環境にも影響を及ぼすわけです。

それに加えて人手の問題もあります。介護・福祉関連の施設はどこも人手不足の問題を抱えているといわれています。看護師の場合はひとつの施設に勤務する常勤の看護師がごく限られているという問題もあります。場合によっては常勤の看護師は1名のみであとはパート・アルバイトで回しているケースもありますから、非常勤の希望を優先してシフトを組んだ結果、常勤の看護師は思うように休日をとれない可能性も出てくるのです。この点は同じ人手不足でも医療機関で働く看護師とは少々事情が異なってきます。

年間の休日数に関しては120日以上、4週8休の環境が用意されているところが多く見られるので休日が少なすぎて働けないという状況に追い込まれることは少ないでしょう。ですから求人情報をチェックする際にはどれだけ希望通りに休日を取得することができるか、夜勤や残業との兼ね合いはどうかといった面を重視して比較検討していくことが大事です。たとえば夜勤の翌日が休日、といった環境では十分に休んだ気になれないものです。こうした医療機関の看護師とも共通する休日の問題点も見ておく必要があるでしょう。

ケアハウスで働く看護しは人手不足の医療機関で働く看護師に比べれば休日環境は間違いなく恵まれているといえますが、必ずしも希望通りに休日をとれるとは限らない面もあるだけに気をつけたいところです。

ケアハウスの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 ケアハウス看護師求人ガイド【※ケアハウスで働きたい方へ】 All Rights Reserved.