ケアハウスの看護師のメリット・デメリットは?

ケアハウスの看護師転職TOP >> FAQ >> ケアハウスの看護師のメリット・デメリットは?

ケアハウスの看護師のメリット・デメリットは?

ケアハウスの看護師になるメリットとしては医療機関の病棟勤務に比べるとゆとりのある就業環境で働くことができる点がまず挙げられます。夜勤の機会もありますが、基本的には介護スタッフがメインに担当することになるため、看護師の負担はそれほど多くありません。また人手不足のため厳しいシフトの環境で働かさせることも少ないため、長く働ける点も魅力です。医療機関では給料が高い一方、厳しいシフトの関係で長く働けないといった問題を抱えるケースも少なくないだけに安定した就業環境はケアハウスの大きなメリットでしょう。

また、ケアハウスは介護関連施設の中では比較的症状が軽い方が利用する施設です。とくに一般型のケアハウスは自立した生活が可能な方が日々の生活のサポートを受けるために入所する形となっているため、看護師の負担も少なく済みます。日々のバイタルチェックや健康管理、病院への付き添いといった基本的な業務に加えて入所者の健康状態に合わせて基本的な医療処置を行うのが主な仕事。医療機関のように命に関わる手術や救急救命などプレッシャーがのしかかる責任ある役割を担う機会もありません。心身とも負担が少ないのがケアハウスで働く看護師の全般的なメリットとなるでしょうか。

一方デメリットとしてはキャリア形成が難しい点が挙げられます。これまで挙げてきたメリットは同時に専門的な知識やスキルを働きながら身につけていくことが難しいデメリットにも結びつくのです。医療行為に携わる機会が少なく、高度な治療・検査に関わる機会も少ないので最新の医療・看護状況に適応していく機会もありません。ケアハウスでずっとキャリアを積んでいく場合にはデメリットにはならないかもしれませんが、将来医療機関へ転職しようと考えた時にそれまでケアハウスで積んできたキャリアがあまり評価されない可能性が出てきます。またその際にはキャリアアップが期待できる部署への転職が難しい、キャリアを一から再スタートさせなければならないケースがほとんどです。

在籍する看護師が少ない点もデメリットでしょう。医療行為に携わる機会が少ない分業務そのものに対する負担や責任はそれほど重くない一方、勤務している間に看護師は自分ひとり、という環境も少なくないため、万一の時などの判断に重大な責任がのしかかってくることもあります。また健康管理に関して他のスタッフに対して指示を行うなどの役割も求められます。

こうしたメリット、デメリットはケアハウスで働く看護師の特徴そのものといってよいでしょう。自分に向いた職場かどうか、長く働き続けるのに適した職場かどうかを慎重に考慮したうえで判断を下すようにしましょう。

ケアハウスの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 ケアハウス看護師求人ガイド【※ケアハウスで働きたい方へ】 All Rights Reserved.