ケアハウスの看護師の志望動機の書き方は?

ケアハウスの看護師転職TOP >> FAQ >> ケアハウスの看護師の志望動機の書き方は?

ケアハウスの看護師の志望動機の書き方は?

ケアハウスに就職・転職を目指す際の志望動機では職場の事情を良く踏まえたうえで自分の意欲や適性をうまくアピールしていくことが重要なポイントとなります。とくに病院勤務からケアハウスへの転職を目指す際には就業環境や求められる役割をしっかりと把握した上で適切な志望動機を考えておかないと見当違いなアピールをしてしまうことにもなりかねません。

まずケアハウスで働く看護師が日ごろどういった役割を担っているのか。病院勤務から転職を目指す場合、介護施設はどこも似たような環境で看護師が働いていると考えてしまいがちですが、ケアハウスの場合は一般型と介護型の2種類があり、それぞれサービス内容が異なっています。この両者の違いをしっかり踏まえたうえで求められる役割に合った志望動機を書く必要があるわけです。とくに複数の求人に応募する際には志望動機を使いまわすのではなく、それぞれの施設のタイプや特徴を踏まえたうえで適切なものを考える必要があります。

基本的には医療行為ではなく日常の介護作業が看護師のメインの業務となります。そのため志望動機ではそうした面に携わりたい旨をまず盛り込みましょう。人の世話をするのが好き、面倒見がよい性格といった適性をうまくアピールできれば採用担当者に好印象を与えることができるはずです。そして介護施設の就業環境をしっかり見据えた内容を心がけること。希望や理想だけでなく、ケアハウスにおける就業環境を踏まえた上で具体的に自分に適性があるか、どのような役割を果たしたいと思っているのかをアピールできるようにしましょう。「面倒見がよい性格だからケアハウスのこうした部分に向いていると思う」など、職場への理解と自己アピールを違和感なく組み合わせた内容がオススメです。

これまで介護施設で勤務した経験があるかどうかでも志望動機の書き方が違ってきますが、介護施設で働くことに対する意欲や決意の両方も書いておくと理想的です。離職率が高く、転職が多い看護師だけに、どのケアハウスもできるだけ長く働いてくれる人材を求めています。介護施設で今後看護師としてのキャリアを重ねていくことに対して迷いを持っていないかどうか、ケアハウスで満足できるスキルやキャリアを重ねていけると考えているかどうか。こうした面も面接・選考の際には重視されます。この職場で、とまでは言わないまでも、ケアハウスの分野で骨を埋めてキャリアを重ねていく気持ちがある、くらいの意欲を盛り込んでみましょう。

ケアハウスの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 ケアハウス看護師求人ガイド【※ケアハウスで働きたい方へ】 All Rights Reserved.