ケアハウスの看護師のやりがいは?

ケアハウスの看護師転職TOP >> FAQ >> ケアハウスの看護師のやりがいは?

ケアハウスの看護師のやりがいは?

ケアハウスの看護師は日々の仕事の中でどういったやりがいを見いだすことができるのか、それを知るためにはまずケアハウスでは看護師にどのような役割が求められるかを知っておく必要があります。ケアハウスには一般型と介護型の2種類があり、それぞれ仕事内容もやりがいも違ってくるからです。

一般型は基本的には自分で自立して生活を送ることができる人が利用する施設です。そのため看護師はその自立した生活を維持するためのサポートがおもな業務となります。高齢者ですから、さまざまな事情で健康を害してしまう可能性がつねにあります。日ごろのバイタルチェックで健康状態の確認するとともにいち早く異変を察知することが大事な役割です。ですから、病気の可能性を未然に察知し、いつまでも利用者が健康で充実した生活を送れるサポートができた時の充実感こそ最大のやりがいといえるでしょう。大病の治療・リハビリに関わった時のようなドラマティックな感動はないかもしれませんが、日々の生活の中で頻繁にやりがいと充実感を味わうことができます。

それから入所者との精神的なつながり。自立できる環境であってもケアハウスに入所する方は家族と離れて暮らす寂しさや友人がいない孤立した環境を辛いと感じていることが多いものです。こうした精神面のサポートも看護師の大事な役割。介護スタッフと協力しながら精神的にも健康な状態へと導いていく。これも医療機関とはまた違ったケアハウスのやりがいです。

介護型もこうした一般型のタイプと共通したやりがいを得ることができますが、加えて介助をはじめとした日々の看護を通してより入所者とより深い関わりを持つようになります。その分コミュニケーションの難しさといった問題も出てきますが、それだけにうまく信頼関係を築くことに成功した時の喜びが大きいものです。健康状態の問題や孤立した環境で自分の殻に閉じこもったり、他人との関わりを嫌がってしまうケースも多く、頑なになった心をどう解きほぐしていくのか、これも介護型のケアハウスで働く看護師の大事な役割です。健康状態を把握するという役割上、介護スタッフとはまた違ったアプローチで入所者と接していく必要もあり、難しい面もある一方手腕が問われる部分ともなります。

このように、ケアハウスの看護師のやりがいは施設のタイプによって若干異なる部分がある一方、入所者との信頼関係をできるだけ構築し、毎日の生活を充実させていくよう努める、という点では共通しています。

ケアハウスの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 ケアハウス看護師求人ガイド【※ケアハウスで働きたい方へ】 All Rights Reserved.