ケアハウスの看護師の仕事内容・役割は?

ケアハウスの看護師転職TOP >> FAQ >> ケアハウスの看護師の仕事内容・役割は?

ケアハウスの看護師の仕事内容・役割は?

ケアハウスの看護師の仕事内容は医療機関とはかなり異なるだけに転職の際には注意が必要です。未経験でも比較的採用されやすい傾向が見られる一方、これまで医療機関で培ってきたノウハウが役立たない面や、新たに身につけなければならないスキルなども出てきます。

もっとも基本的な仕事が利用者の健康管理です。体温、脈拍などをバイタルチェックで日々確認し、健康状態に変化が生じていないかどうかを判断します。高齢者はちょっとした体調の変化がきっかけで病気にかかってしまうことも多いだけに早めに予防・治療を行ううえでも非常に重要な業務となります。また、入浴や医療行為、病院への通院といった予定がある場合にはそれが可能な健康状態かどうかの判断も行います。

それから基本的な医療行為。専門的な医療行為を行うことはありませんが、痰の吸引など基本的な処置を行う機会が多々あります。医師の指示に基づいて行う形になりますが、ケアハウスでは医師が常駐していないのが一般的ですが、看護師の責任と判断のもとで行う形になります。加えて投薬を行っている入所者に関しては薬剤の管理や在庫の確保といった業務も看護師が担う形になります。入所者の健康状態によっては日々の生活の中で医療行為・投薬が必要になるケースも多く、体調を維持するためにもこれらの役割が大きな意味を持ちます。

あとは医療機関へ通院する際の付き添い。先述した健康状態の確認で通院がOKと判断されたうえで医療機関へ付き添います。その際にはあらかじめ医療機関と連絡を取り合い、健康状態や注意点の報告なども行うことになります。日々の生活で接しているからこそ見えてくる面などもあるため、それを医療機関にいかにフィードバックできるか、大切な仕事です。

これら日常的な仕事内容に加えてケアハウスならではの役割もあります。とくに大事なのが入所者とのコミュニケーション。介護施設全般で言えることですが、自立した生活が困難になった高齢者に対して生きがいや日々の楽しみを提供することが働くスタッフの大事な役割です。看護師としては健康に対する安心感を与えること、そして日々の看護を通して楽しみを見いだしてもらうことも大事な役割となるでしょう。また介護スタッフや入所者の家族と連携しあうことで適切な介護環境を維持し続けることも欠かせない役割です。医療機関に比べて入所者との関わりが密接になるだけに、知識やスキルだけに留まらずひとりひとりの入所者の健康状態・精神状態に合わせたケアを心がけることが求められる仕事なのです。

ケアハウスの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 ケアハウス看護師求人ガイド【※ケアハウスで働きたい方へ】 All Rights Reserved.